« うんこに狂ってるてるる(10歳) | メイン

うんこに狂ってるてるる2(10歳)

てるるがうんこの絵ぇばっかり描いて下品な笑みを浮かべてるだけだと思ったら大間違いで、ホントは他にもイロイロ描いているのですが、残念ながら今日ご紹介するのもうんこなのです。




スポンサードリンク

前回に引き続き、”今日のネタ”うんこバージョンです。
















というような感じで1週間毎日うんこを見せられたONの気持ち。
わかります?
わからないでしょう。
嬉しいんですよ☆
これが!
うんこひとつでこれだけ手を変え品を変え、バリエーション豊富にアイデアを出せる5年生は(いや、この時はまだ4年生か)居ないと思うのですよ、なかなか。
そこがいい。
いや、無論題材がうんこだということも当然嬉しさの秘訣ではありますけどね。
あのねぇ。
うんこは良いですよ。

うんこは。

良い。

うん。

だのに、なぜ人は大人になるとうんこで笑わなくなるのか。
それが悲しくてしょうがない。
振り返ると大体高2か高3か、その辺りから、ひとり、またひとりと、うんこで笑わなくなっていくのです。
あの時はあんなに下品に笑っていたのに。
ある時からその笑いが、冷笑に変わるのです。
付き合ってられるかと。
そして社会人にもなると更に辛辣で、侮蔑の薄ら笑いを浮かべてONを蔑むように見るようになるのですガッテム。
まぁでも、それはあれですよね。
ONに力がないからいけないんですよね。
例えば水木しげる御大なんかは死ぬ間際までうんこうんこ言って笑ってたようですが、あれだけ力があると、周りも笑ってくれるのですよ。
うん。
いやでもどうかな。
そんなゴマをするように笑ってもらって嬉しいだろうか。
たまに居るんですよ。
僕もうんこ好きですよ!
みたいなことを言ってくる輩が。
しかし、じゃあというんでONがちょっと本気出してうんこトーク始めたらサァ~って引いていくんですよね。
マジかよと。
騙されましたよ。
そのハニートラップに。
幾度も。
幾度も。
そんな苦い経験からもう今では匂いでわかるようになりましたけどね。
そいつがホントにうんこを愛しているのか。
ビジネスうんこはすぐわかる。
うんこ好きな俺カッコいいだろ、みたいなポーズを取ってるなんちゃってウンコマンはすぐわかる。
そんなのはいらない。
ONが欲しいのは真のウンコマンなのですよ。
もっというとチンコマンなのですよ。
あのねぇ。
夜はいけない。
今、夜中に書いてるんですけど、変なテンションになる。
これはいけない。
夜書いたラブレターは朝見ると破り捨てたくなるあれです。
きっといけないことを書いている僕は今。
とりあえずこの辺にしとこう、アーメン。






スポンサードリンク

コメント (1)


itou:

なんだよビジネスうんこ て



コメントを投稿

(投稿されたコメントは管理者に承認されるまで表示されません。しばらくお待ちください。)



▲このページのTOPへ

GROWファミリー

カテゴリー
過去の記事

最近の記事



このブログのフィードを取得
[フィードとは]



ブログパーツ
Copyright EYEZMAZE All Rights Reserved.